イマドキのお母さん…

私、二人の小学生をもつ母です。上の子が小学生になった時、つくづく「イマドキのお母さんって大変!」と感じました。

子供が学校から帰宅すると、もう座る暇もない程忙しいんです。宿題見たり、習い事の送迎、低学年の間は友達と遊ぶのにも送迎。

連絡帳を見て「算数プリント、まるつけしてもらう」なんて書いてあると、ガックリします。解答があれば何の問題もないですが、ないんです、解答が。簡単な計算プリントならまだしも、学年が上がってきて、図形問題だったりすると自分の解答に不安にもなるし。夕飯の準備の片手間になんて出来なくなってくるのです。

習い事や友達との約束の送迎にしても、送って帰って迎えに出るまで賞味50分弱。あれもこれも中途半端なまま出掛けることになるのが常。

これが子供二人、バラバラの習い事になると本当に息つく暇もない程忙しいんです。

自分が子供の頃、こんなに親に送迎してもらったり、宿題見てもらったりしてたかなぁって、ママ友ともよく話題になります。私自身、田舎育ちですが習い事には小学生の頃から一人でバスに乗って行ってました。遊びに行くのも自分で。

時代が違うと言われればそれまで、何があるか分からない、何か起きてからじゃ遅いのよと言われれば納得もしますが、何でもしてもらって当たり前で育った子供達は、どうなるのでしょう?

遊びに行くのも習い事に行くのも、車で送迎してもらうのが当たり前のご時世に私は納得できず、我が家の子供達には自分の足で行かせています。一緒については行きますが、徒歩なり自転車なり。そんなことをしてるから余計に時間がなくなるのかも知れませんが…

そんなこんなに加えてPTA 参加。これは昔も変わらないものですが。役員の集まりがある日は、朝から半日学校に行き、お腹ペコペコで帰って一息ついたらもう子供が帰宅で、戦争のような時間の始まり…

お金もかかるようになってきたし、仕事探そうかなと思っても家庭の状況を踏まえると、そう簡単にはいかず。

習い事は絞り気味にできても、食べ盛りの子供達の食欲はガマンさせるのはかわいそうだし。あれこれ頑張ってみても冷蔵庫はすぐに空っぽ。

時間もお金も悩みは尽きず、答えも出ず、堂々巡り。実家の母に愚痴をこぼすと「イマドキのお母さんは大変ね!」と…

お母さん業もラクじゃないんです!